BCI,SDGsとは | シーアイランドコットン|シーアイランドクラブ株式会社

お気軽にお問い合わせください

03-3662-1301 受付時間(平日 9:30~17:00)

BCI,SDGsとは

BCI and the SDGs

アメリカン・シーアイランドコットンは、
持続可能な綿花栽培を証明する、BCI認証を取得しています。

BCI(Better Cotton Initiative)は、綿花栽培の持続可能性を高め、より良いものにしていこうとする取り組みで、ジュネーブ及びロンドンに拠点を置く国際NGO団体が提唱し、現在世界的な活動に広がっています。
 
一方、SDGsは2030年までの国際目標として国連が提唱する「持続可能な開発目標」で17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人として取り残さない(Leave no one beind)ことを誓っています。
 
BCIが唱える課題は、SDGsのゴールと10の部門と整合性があり、その取り組みの重要性はますます高まっています。
 
アメリカン・シーアイランドコットンの契約栽培農家はBCIの認証を取得しており、農薬・水使用の制限、繊維の品質、健康や安全への配慮、労働環境、児童労働・強制労働の禁止などの基準を遵守しています。
 
最高級の品質を実現するだけでなく、地球環境や社会環境にやさしい、綿花栽培を実現しています。

Goals

SDGsの目標とBCIの目標

  • SDGsの目標

    あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ。

    BCIの目標

    BCIは農薬投入量を削減し、生物多様性を高め、責任を持って土地を使用し、綿繊維の品質および収穫量を改善し、持続可能な農業と収益率の向上を目指す。

  • SDGsの目標

    飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する。

    BCIの目標

    BCIは、SDG 2の主な焦点は食用農業であると認識していますが、持続可能な農業慣行は非食用作物にも深く関連しています。 Better Cotton の原則と基準はSDG 2の目標と強く整合しており、綿花農家が収量と生産性を向上させ、生物多様性を高める持続可能な農業の実施を支援します。

  • SDGsの目標

    あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。

    BCIの目標

    BCIは、パートナーと協力して綿花農家が綿花生産での有害化学物質の使用を削減および排除できるよう支援しています。 統合された害虫管理など、作物保護の代替方法の採用、個人用保護具の使用など、安全な農業について知識を深め、化学物質の使用、および水と土壌の汚染に対処することを目指します。

  • SDGsの目標

    すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機械を促進する。

    BCIの目標

    BCIは、世界中の綿花農家のトレーニングと能力開発を促進します。 BCIプログラムを通じて、農民は社会的、環境的、経済的要因に取り組む農業のベストプラクティスに関する教育とトレーニングを受けます。 2016-17年の綿花シーズンでは、BCIとその運用パートナーは23か国で160万人の綿花農家に対して訓練を行いました。 またBCIは、国を越えた知識の共有と学習も奨励しています。

  • SDGsの目標

    ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る。

    BCIの目標

    ジェンダー差別は、綿花栽培における職場の平等に関する最大の課題の1つです。 Better Cotton 基準では、ジェンダー平等に関する明確な位置付けを提供します。これは、国際労働機関(ILO)のジェンダーに関するディーセント・ワークアジェンダの要件と合致しています。

  • SDGsの目標

    すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する。

    BCIの目標

    Better Cotton の原則と基準は、水の管理を通じて水の持続可能な利用に取り組んでいます。 水の管理とは、社会的に公平で、環境的に持続可能で、経済的に有益な方法で水を使用することを意味します。 BCIは、Helvetas(貧困支援NGO)およびAlliance for Water Stewardshipと提携して、ウォータースチュワードシッププラクティスを開発および展開しています。

  • SDGsの目標

    すべての人のための持続的、包括的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する。

    BCIの目標

    BCIは、パートナーと協力して児童労働のリスクに対処し、これを防止し、綿花栽培での適正な仕事を促進しています。 また、Better Cottonの原則では農家と協力し、児童労働に関する国際労働機関の条約に沿って教育、健康、および子どものより良い成長のための権利に焦点を当てています。

  • SDGsの目標

    持続可能な消費と生産のパターンンを確保する。

    BCIの目標

    BCIは、約100の小売業者およびブランドメンバーと協力して、Better Cottonを持続可能な原材料戦略に統合し、世界的な需要があることを確認しています。 BCIの需要主導型の資金調達モデルは、Better Cottonとしての小売業者とブランドの綿花調達が、より持続可能な農業に関する綿花農家のトレーニングへの投資の増加に直接つながることを意味します。

  • SDGsの目標

    気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る。

    BCIの目標

    綿花農家は、気候変動の複雑化で局所的な影響を受ける可能性があります。 気候変動の緩和と適応はBetter Cottonの原則と基準に組み込まれており、BCIの実施パートナーは農家と協力して、気候変動への対処に不可欠な生物多様性の強化と持続的な管理を行っています。

  • SDGsの目標

    陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る。

    BCIの目標

    生物多様性に対するBCIのアプローチは、天然資源の特定、マッピング、修復、または保護に重点を置いています。 BCI農家は、農場とその周辺の生物多様性を保護および強化する生物多様性管理計画を採用する必要があり、そこには生物多様性リソースの特定とマッピング、劣化地域の特定と復元、有益な昆虫の個体数の強化、輪作の確保と河岸地域の保護が含まれています。

PAGETOP
ページトップヘ