シーアイランドコットン(海島綿)とは | シーアイランドコットン|シーアイランドクラブ株式会社

お気軽にお問い合わせください

03-3662-1301 受付時間(平日 9:30~17:00)

シーアイランドコットン(海島綿)とは

QUALITY

強く、しなやかで⾼級感のある超⻑綿
シーアイランドコットン

シーアイランドコットンは世界で栽培される超長綿(高級綿)の源

今、現存するすべての超長綿はシーアイランドコットンの血筋を引きます。
例えばエジプト綿の代名詞となっているGIZAシリーズはアメリカからエジプトに持ち込まれたシーアイランドコットンが現地で栽培されていた JUMELというコットンと交配してできた綿花を品種改良したものであり、ピマや新疆綿もこのエジプト綿をルーツに持ちます。
他にもインドのスビンという高級綿はカリブのセントビンセントでシーアイランドコットンが栽培されていた時代に持ち出された種と現地のスジャータという綿花の交配種です。

シーアイランドコットンが幻のコットンと言われる所以

コロンブスの世紀の勘違いの地名が残っている西インド諸島(カリブ海の島々)では綿花栽培が1580年頃から盛んになったと言われています。1792年に海島綿の278番手の糸が米国産の400倍の価格で取引されたという逸話もあり、以降、海島綿は英国領の島で英国人によって実に大切に育てられてきました。綿の宝物として200年にもおよぶ長い間、英国がこの綿を独占してきて、1975年に日本に原料の輸入が認められ、英国以外で初めて扱えるようになりました。
それから45年、英国人の技術と情熱によって生まれた奇跡の綿は現在も西インド諸島で継続栽培され、また、カリブ海の島々以外でもその種子の栽培に成功し、シーアイランドコットンは綿の中で最上級コットンとして輝き続けています。全綿花の生産量の10万分の1以下の生産量のため、幻のコットンと言われています。

現在の取り扱いの綿糸は3種類

  • 西印度諸島海島綿(栽培地 ジャマイカ)
  • 海島綿V135(栽培地 ベリーズ)
  • 米国産海島綿(栽培地 米国)
PAGETOP
ページトップヘ